【為瓷器增添更美風采】

「釉」是陶瓷專屬的顏料,為陶瓷穿上美麗外衣,使陶瓷的用途更加廣泛。

每家窯場與陶藝家都有獨家調配的色票,稱「試片」需要經由不斷的測試研發而成,也感謝窯主提供試片讓我們看見,陶瓷藝術背後美麗的秘密!

 

釉薬(ゆうやく)とは、陶磁器の表面をおおっているガラス質の部分です。釉薬の中の成分が焼成時に溶け出してガラス質を形成し、金属成分が熱による化学変化を起こして色を付けます。

そのため、陶磁器特有の光沢を得ることができ、様々な色や模様も得られます。素焼きした陶磁器の表面に釉薬を釉掛けして焼くと、表面をガラス質が覆い、小孔をふさぐために耐水性が増します。

釉的成份是由礦物和土組成,礦物釉在燒製前與燒製後的顏色是不同的,上釉時看到的是還未經過化學反應的顏色,質地乾乾粉粉的並不光滑。土坯經過第一次800度燒製後才上釉,上釉後會再經過第二次的燒製,讓土與釉在窯火中產生化學反應,溶解成液體互相交融,變化成最後的成品~

 

素燒坯 / 上釉坯 / 成品 陶瓷燒製後的成品都會縮小15%左右,是因為將陶瓷水分燒盡的關係~

 

成品 / 素燒坯 底部落款呈現釉色沉積的特性。 

-

素燒坯 / 上釉坯 為了防止燒製時釉會流至底部黏住,所以在底部會有局部是不上釉的。  

相關商品

安達窯,台灣製造,客製化,陶瓷,青瓷,茶具,餐具,汝窯,鶯歌,壺,杯,碟,盤,伴手禮,ANTAPOTTERY,Celadon,Yingge